伊佐製麺所について

そして創業から現役引退するまでの間、毎日必死に麺を作ってはお客様の元に届けました。その間お酒は1滴も飲まなかったそうです。

その苦労があったお陰で、創業から今に至るまで毎年60万食以上の麺を届けることが出来ております。

現在は会長の長男である伊佐欣彦、そして次男、三男を中心に会社を運営しています。

年々多くの企業が効率化を求め機械化にしていく中、私たちの沖縄そばを作る上で創業当時から変わらず行う手揉みの工程は、変わらず続けております。

それは私たちの沖縄そばの特徴でもある『コシ』『時間が経っても伸びにくい』これらの特徴を守る事。そしてそばの麺を作る上で一番大変なこの行程を社長自ら行うのは、

『皆さんに美味しい麺んを食べて欲しい』その思いからなんです。

伊佐製麺所は1966年に現会長の伊佐達夫によって創業されました。

当時の沖縄はまだ戦後。そしてアメリカの統治下と言うこともあり、会社を経営するのはとても大変だったそうです。

そして会長は創業から現役引退するまでの間、毎日必死に麺を作ってはお客様の元に届けました。その間お酒は1滴も飲まなかったそうです。

その苦労があったお陰で、創業から今に至るまで毎年60万食以上の麺を届けることが出来ております。

現在は会長の長男である伊佐欣彦、そして次男、三男を中心に会社を運営しています。

年々多くの企業が効率化を求め機械化にしていく中、私たちの沖縄そばを作る上で創業当時から変わらず行う手揉みの工程は、変わらず続けております。

それは私たちの沖縄そばの特徴でもある『コシ』『時間が経っても伸びにくい』これらの特徴を守る事。そしてそばの麺を作る上で一番大変なこの行程を社長自ら行うのは、

『皆さんに美味しい麺んを食べて欲しい』その思いからなんです。

タイトルとURLをコピーしました